あなたの快適カーライフをサポート
デッドニング・防音工房

フロア・ドア・エンジンルーム・天井・タイヤハウス等の デッドニング・防音対策の施工方法の参考例を公開しています。
制振材・吸音材・遮音材でDIYして車内の静音性をアップしましょう!
オーディオの音質も改善されますよ!

ドアの対策例 - 助手席側ドアパッキン部防音対策(プリウスα)

助手席側ドアパッキン部防音対策(プリウスα)

2013年02月11日

■ドア■ 助手席側ドアパッキン部防音対策(プリウスα) [写真30]ドアの淵にゴムのパッキンが通常施工されています。
車種によってこのゴムが一重・二重に取り付けられています。
これ自体の役割は、車内への水/風の浸入や防音対策の為に取り付けられています。

これらをエプトシーラー防音テープを使って補強します。

ドアのBピラー分にも貼ります。

■ドア■ 助手席側ドアパッキン部防音対策(プリウスα) [写真30]車両側に貼ると目立つので、なるべくドア側に貼った方が違和感が少ないと思います。

車両本体とドアでエプトシーラー防音テープを挟む感じになるように貼り付けます。
出来るだけ既存パッキンの横に貼る様にします。

■ドア■ 助手席側ドアパッキン部防音対策(プリウスα) [写真30]ドアの下側。

今回は運転席側と貼り方を変えて、下側は後席後まで隙間なく一本で繋がる感じに貼りました。

■ドア■ 助手席側ドアパッキン部防音対策(プリウスα) [写真30]ドアの前方にも貼ります。

■ドア■ 助手席側ドアパッキン部防音対策(プリウスα) [写真30]もし隙間に対し、エプトシーラー防音テープの厚みが足りない時は、2重に施工してください。

施工も楽ですので、やっておいて損はないと思います。

今回使用したデッドニング・防音資材

▲ページTOPへ